パソコンの中身 ソフトウェア編


パソコン入門シリーズ パソコンの中身 ソフトウェア編

このシリーズはパソコンを使う上で知っておいた方がいいことをなるべく簡単に説明します。もしあなたがコンピューター初心者なら、このシリーズを最初から読んでみるのもいいかもしれません。

ハードウェアとソフトウェア

パソコンはハードウェアと呼ばれる部品が組み合わされて作られており、ハードウェアの上でソフトウェアと呼ばれるプログラムが各状況に合わせた処理を行うことで様々な事ができるようになっている。

  • ハードウェア・・・部品の事(デバイスと呼ぶこともある)
  • ソフトウェア・・・プログラムのこと、プログラムの機能別に別の呼び方をする場合がある。(アプリケーション、ドライバ等)

今回はこの二つのうちのソフトウェアについての説明。

ソフトウェア

  • OS・・オペレーティングシステム(Operating System)の略、パソコンの各部品の連携をとる基本となるソフトウェア
  • アプリケーションソフト・・エクセルやワードの仕事用で使われるものや、ブラウザーやメールソフトなどパソコンで様々な作業をするときに必要な専用ソフトウェア
  • ドライバ・・拡張ハードウェアをOSに認識させてコントロールできるようにするためのソフトウェア

OS

OSは基本となるソフトウェア。これはWindowsやMacOSのことです。

OSがパソコンの部品にアクセスする機能を持つことで、アプリケーションソフト(以下アプリケーション)がパソコンの部品にアクセスする機能を持たなくて良くなります。どういう事かというとアプリケーションがパソコンの部品を使うためのプログラムをもつよりも、部品を使うための方法を基本ソフトウェアで統一することでアプリケーションはOSの機能を使うだけでパソコンの機能が使えるようになります。

これによってアプリケーションを作る人たちはパソコンの機能を使う部分を一から作る必要がなくなるともに、アプリケーションが直接部品をうごかせないようにすることで部品が壊れてしまうような動かし方を制限できます。

ここが重要!!OSはユーザからの入出力、エクセルやブラウザなどのアプリケーション、ハードウェア3者の間に入って橋渡し的な役割をする。

アプリケーションソフト

それぞれの機能に特化したソフトウェアのこと、それぞれの作業に必要なアプリケーションを要する必要がある。これには有料と無料のソフトがあり、無料の物でもかなりつかえるソフトがある。

必要に応じて揃えていけば良いのでその都度人気があるものや、定番ものなどを調べてから導入しよう。

ドライバ

パソコンに内蔵するものや外付けを問わず、OSからその拡張ハードウェアを使える状態にするためのソフトウェア。

*注意書き 厳密に言えばそうと云いきれないものも簡単に説明するためにそういうこととして書いている部分もありますのでもっとよく知りたい方は調べてみるといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です