ネットを泳ぎ回るよりも自分の前に川をひけ GoogleReader


ネットには面白いところがたくさんある。様々なブログ、様々なSNS&関連サイト、2CH&まとめサイト。

今後このブログではネットの楽しみ方の一つとしてこういったサイトなんかも紹介していきたい。その際に是非、活用してもらいたいやり方があるのでとりあえずそちらをご紹介。

色々なサイトは更新した際に、更新した情報のみをお知らせする機能がある。お知らせと言ってもみんなに知らせてまわるわけではなく、更新情報を集めているところがあるのでそこにお知らせする。

この更新情報があることで、ユーザーは毎日サイトを訪れなくても、更新されているかどうか確認してから見にいけばよいようになる。商品が入荷しているか確認してから買い物にいく感じだ。

この更新情報の事をフィードと呼び、フィードを見るためのアプリケーションをフィードリーダーと呼ぶ。このフィードリーダーにはいくつかの種類があるけど、今回はブラウザで使えるものを紹介する。

GoogleReaderがおすすめ

おすすめのワケは登録したデータがオンライン上にあるので、別のパソコンや外出先からスマートフォンでも同じデータを見ることができる。これはWebサービス系は共通だけど、その中でも使いやすさがいいかんじなのはGoogleReader。ライブドアのreaderもかなりいいけど、Googleはユーザーが多いので、困った時の情報の多さからいってもこちらがおすすめ。

使うためにはグーグルのアカウントをとる必要があるけどGoogleのアカウントはもっておくと便利なのでもっておくといいですよ。

実際の使い方なんだけれども、ブラウザの種類によってやり方が多少違ってくる。とりあえずFirefoxの場合をさらっと解説。

更新情報を配信できるサイトを見ると、アドレスバーのおしりに
rss_icon

が見えるのでそれをクリックするとフィードリーダーを選べ画面が出てくるのでGoogleReaderを選ぶ。

その後Google Readerにいくと登録したサイトが表示されているのでクリックしてみると記事の一覧が表示される。

さて詳しい使い方などは良いサイトが沢山あるのでそちらをご紹介します。
Google Reader(グーグルリーダー)の使い方まとめ | Google Mania – グーグルの便利な使い方

私はGoogleリーダーを使ってこんな風に情報を集めています*二十歳街道まっしぐら

余談ですがデータをオンラインにおくのはPC乗換や再インストールなんかの時にも便利なので重要なモノ以外はオンラインにおくほうが面倒が少ない気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です