iPhoneとBluetoothキーボードの相性がハンパない


追記:まとめをつくってみました。
iPhoneやiPadで使えそうなBTキーボードをまとめてみた – 緑ナ日々

iPhone+BTkeyboard

もの凄くいい感じ、さっさと買っとけばよかった。このセットがあればどこでも書ける、本気でポメラとかモバイルノートとかもういらない。軽いメモならフリックのみ、まとまった量が書きたいときはキーボードと使い分けることができる。テキストLoverな方には絶対おすすめ。

フリック入力はとても使いやすいんだけど訂正とか編集がやりづらい。その問題点もキーボードならカーソルキーが使えるので問題なし、あと数字を打つのにキーボードを切り替えなくていい。

クラウドを使ってテキストを同期しておけばどこでも追加、編集や推敲ができて便利。

キーボードが認識されている状態であればiPhoneがスリープに入っていてもキー入力でロック画面をスルーして立ち上げられるので入力中に少し考えたりしている最中にスリープされても問題無い。

スペースさえあればラクラク書いていけるけど膝上キーボードはiPhoneの固定方法と位置に悩まされる。逆にいい位置で固定できてしまえばキーボードの位置はどこでもいいのでそれも面白い。

できたらiPhoneのアプリの選択や起動なんかもキーボードからいけると嬉しい。

ではどんなキーボードがいいのかも気になりますよね。
次回は僕が試した2機種をレビューしつつどんなのがいいのかも考えてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です