iPhoneとBTキーボード、どんなキーボードがいいのか。


追記:まとめをつくってみました。
iPhoneやiPadで使えそうなBTキーボードをまとめてみた – 緑ナ日々

一応、選択の最低条件は持ち歩ける事なので、基本大きいモノとかは外す方向にしてます

検討したのは以下
1. エレコム TK-FBP013シリーズ
2. Foldable MP0118(メーカーサイト見当たらず)
3. Apple Wireless Keyboard
4. リュウド

2010/07/25

折りたたんだMP0118とiPhone 

僕が試したのは、Foldableの折りたたみタイプとエレコム小さい方。

2010/07/25

エレコム TK-FBP013とFoldable MP0118 

ググりたい方は、Foldableはmp0118 – Google 検索

エレコムはtk-fbp013 – Google 検索

そもそもBTキーボードの導入に踏み切ったのは便利そうな予感もあり買うつもりでした。しかしリュウドはお高いし、アップル純正はちょっとでかくてキーピッチが広すぎる気がしたので躊躇してました。

そこで色々探してこの二つに絞り込んで、やっぱ折りたたみでしょうってことで海外サイトに人柱覚悟で発注、Paypalで決済できたので、特に苦労もなく2週間ほどで到着。

速攻でペアリングして使ってみました。前の記事で書いたように大変便利。ところが何度か使っているうちに反応しないキーが出てきて、たぶん折りたたみ部分のケーブルの接触の問題らしく開き具合とかで反応が変わる様子。とりあえずその状態では使い物にならないのでショップにクレームのメールだけ送っておきました。

なので長くは使えてないけど少し触った感想。
変則っぽくて心配したけど、上列と下列に工夫があってとても打ちやすい。あと数字キーが同時押しでの入力になるけど、それも慣れのレベルでいけそうでした。

残念ながらBTキーボードは素晴らしそうという余韻だけを残してMP0118は昇天されてしまい、もやもやを解消するべく即効で近所のヤマダ電機にかけこみ、エレコムのtk-fbp013をゲット。

こいつはかなり小さい、はっきり言ってキーピッチが広くないとダメな人にはオススメできない。モバイル系のノートとかで狭いキーピッチに慣れてる人もしくは道具は慣れだ。と思っている人にはオススメ。画像をみてもらえばわかるけどiPhoneと比較してもこんな物なのでバッグに放り込むのに抵抗はなさそう。Apple純正とかだとバックを選びそう。

さらにこのキーボードはマルチペアリングで切り替えが簡単なので最初にペアリングさえしておけば、iPhoneとipad、さらにPCなどを切り替えながら使うことが出来る。なので複数代のマシンで使いたい人にはマルチペアリングはオススメ。
他のブログなどでも書かれているけどキートップの表示と実際の入力の合わないキーがいくつかある。入力する内容にもよるけど普通の文章入力なら多少の我慢ですみそう。

でもってこんな記事を書いていたらエレコムから折りたたみが出るらしい、2万円は高すぎるので華麗にスルー。

結局何がいいのかの結論はまず持ち歩くか否かと懐具合によりそうです。持ち歩くなら断然折りたたみが有利ですが、固定環境とか家でのみ持ち歩くならある程度の大きさでもいいでしょう。お金に余裕があるならリュウドとApple純正の2台持ちがおすすめ。MP0118は他のブログや2chなんかでみてももっても1年とか書いてあり、僕の経験だけで判断すれば買うならば人柱覚悟の方がいいかもですね。僕の結論は実は2台分のお金でリュウドが買えてたよ。orz・・ですがエレコムは結果的にはナイスな選択だったかもしれません。
決して強がりではありませんよ。けっして・・・

2010/07/25

iPadとiPhoneとエレコムTK-FBP013 

最後にFoldableのMP0118を買ったサイトを載せておきます。なんだか怪しげな商品もあって楽しかったのでうろうろしてみてください。

SourcingGate: China Wholesale,China Electronics Wholesale,China Phone,Led Light,iPhone iPad Accessories, Video Games Accessories,Laser Pointer Pen – Free Shipping

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です