iPhoneやiPadで使えそうなBTキーボードをまとめてみた


iPhoneとBTキーボードの記事へのアクセスが多いので調べてた際のデータとか感想をまとめてみた。

わざわざキーボードを買うのに親指ってのもなんなんで、親指のみで入力するものは外した。あと全部iPhone系で動作するのかまでは確認してない、Apple、エレコム、リュウドはとりあえずOK。

とりあえず仕様とかを表にまとめてみた。

BTキーボードまとめ-GoogleDocs

先に注意点が一つ、Apple以外の日本語配列は大抵一部のキーが表示と入力がずれるらしいので注意。

エレコムはサポートページあり
iPadで使用される場合の注意点(TK-FBP013シリーズ) – ELECOM
リュウドは対策としてキートップのシールを配布してるらしい。
RBK-2100BTJ Ver.2.1について

ネットをうろつく限りサンワサプライは情報も少ないし、もの自体もすこし古いらしいので考察からは外しました。IO-DATAはまともにタイピングは出来なさそうなのでこちらも考察からは外した。以前紹介したMP-0118は即効で壊れたので表にも加えてません。レビューを読みたい方はこちら。

iPhoneとBTキーボード、どんなキーボードがいいのか。 – 緑ナ日々

シュチュエーション別のお勧め

  • 持ち歩くには軽くて小さいほうがいい。
    リュウドのRBK2000BTⅡ or 2100BTJ
    エレコムのTK-FBP017
    エレコムのTK-FBP013

  • 場所が固定
    Apple Wireless Keyboard
    Logicool diNovo Edge
    エレコムTK-FBP014

  • iPhone or iPadに特化
    Apple Wireless Keyboard。

メーカー別のお勧め

Apple

iPhone、iPadに特化していてiPadとiPhoneの一部機能をキーボードからコントロールできる。しかもカッコいいし、ギリギリ持ち歩けそうなサイズ。

ロジクール

カッコよさ、ハイクラスなキーボードを作っているメーカーならではのこだわり、充電可能なので電池交換は不要。

リュウド

折りたたみ、マルチペアリング。折りたたみとモバイルキーボードの長年の経験と実績、この商品への力の入れ具合(バージョンアップや対応など)が感じられる。

エレコム

ツボを抑えたフルサイズ、コンパクト、折りたたみのラインナップとマルチペアリング(017以外)。BTキーボードは売れ線のようで新商品の投入が相次いでいる。

結局どれがいいのか

結局、用途に合わせるしかない。たくさん買える人には関係ないですが・・・。

買ってみてからの感想から注意点をあげる。

日本語配列による入力のズレの問題は慣れるしかない。プログラマとかで記号とかやたら使う人はさけたほうがいい、体にみっちり配列が染み付いてる人も同様。

マルチペアリングはかなり便利。

折りたたみはポケットにもはいる。

さぁ悩んでください。

リンクのリスト

Amazonでポチる


リュウド RBK-2100BTJ Ver.2.1(Bluetooth HID、JIS配列) RBK-2100BTJ

リュウド (Bluetooth HID/英語配列) RBK-2000BTII


Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A


Apple Wireless Keyboard (US) MC184LL/A


ELECOM Bluetooth2.0対応ワイヤレスキーボード コンパクトサイズ TK-FBP013シリーズ


ELECOM Bluetooth2.0対応ワイヤレスフルキーボード スタンダードサイズ TK-FBP014シリーズ


ELECOM スマートフォン対応折りたたみBluetoothキーボード ブラック TK-FBP017BK

TK-FBP014EWH、TK-FBP013EWHは8月下旬の発売ですが、記事投稿時点ではAmazonにはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です