Simplenoteと同期が可能なWindowsクライアントResophNotes


テキストエディタはずっとTeraPadを使ってきました。それほどの機能を必要としてないこともあって、他のエディタはどれもしっくりこない。結局使い慣れたTeraPadを使い続けていたのですが、そんな状況を打破するアプリに出会えました。

それは「ResophNotes」このエディタは機能で言えば、正直MS純正エディタと同レベル。しかし素晴らしいのはSimplenoteと同期ができる事。

Simplenoteはクラウド(ネット上のスペース)にテキストを保存できるメモ?テキスト?ノート系のWebサービス。もちろんiPhoneやiPadそしてAndroid用のアプリがあるのでどこからでも書ける。ブラウザから自由に編集や新規作成も可能ですが、エディタの表示幅の調整ができないとか、リストが7つ位しか表示されないのでいろいろと不便もつきまとう。

この不便さを回避するために、ブラウザで目的のノートを開いたら、Terapadにコピペしてから編集して、ブログに投稿したり、Simplenoteに戻すという使い方をしていた。

そんな不便さを一気に解消するのがResophNotes。同期されたリストの一覧性も高く、エディタは機能は少ないながらもWeb上のエディタより快適。

Simplenote&Windowsユーザーには是非ともおすすめしたい。
Writeroom系のMac連携に「macなんてほちくないもん」と歯がゆい思いをしてたあなたに朗報です。

ResophNotes – Quick Notes on Windows

これからいじり倒してみてレビュー記事を書きます。

追記:レビュー書きました。
ResophNotesで快適ライティング – 緑ナ日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です