やってしもた。ついに・・・


なんでしょうかこの画像・・・

start mac opening

隙間から見える文字・・・・

start mac opening

じゃーん。

start mac opening

はいやってしまいました、ついにMacユーザーです。Appleの戦略にまんまとやられてますね。ってことでこれからはMac関連のネタも増えていきます。

まずは開封の儀wが違います。Windowsマシンならこんなこともせずにビリビリっと開けるというより破く感じで進みますがAppleはここから違う。

所有することの入り口から楽しませてくれますね。ビニールにはここから破いてねと言わんばかりの裂け目があります。

start mac opening

普段ならここからグイっといきますがやっぱりApple、裏側から箱のすき間に沿ってそ~っとカッターをいれて綺麗に開封してみた。

start mac opening

するとまずマシンがお目見え、Winマシンのようにアダプタや説明書を上に載せたりせず、マシンがお目見えする演出。

start mac opening

ところがすき間もなくどうやって出したらいいのかすこし悩む。ひっくり返そうかと思ったら、プラスチックのベロがありそれを引っ張ると簡単に取り出せました。

start mac opening

相変わらず書類のたぐいはすくない。真ん中に見えるのはリカバリー用のUSBメモリ。いつの間にかフロッピーが消えついにはCD/DVDドライブも消えて行くのですね。

start mac opening

こっちはACアダプタ。

start mac opening

突込みどころはMagSafeのはずですがアダプタとコードの形状からもしかしてハズレるの?と思ったら外れた。

start mac opening

ここでiPadのアダプタも確か・・・と思ったら外れた。

start mac opening

でその辺のコードをぶっ刺してみる。見た目がちょっとあれですがとりあえず使える。いいことを知りました。

start mac opening

MacBookのアダプタに付いてるこの足みたいのは何に使うのでしょうか?

start mac opening

こうか?

start mac opening

と普段はスルーしている開封の儀を駆け足でお送りしました。

感じたのはWinマシンとの違い。ブランド力があるといわれる会社はそういうところからうまいなぁと。特に海外メーカーは上手ですよね。

なんだかんだやることがあってまだMac本体に電源を入れてない。早く触りたいのですがちょっとまとまった時間のある時にと考えていたらどんどん先送りに・・・

ゆっくりとですがMacLifeもスタートしていきますので今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です