ニンテンドー3DSきました


1000000598

とりあえず速攻レビュー

まずはみんな気になる3D性能。これは飛び出す感じではなく、奥行き感がはんぱない。買ったソフトはウィニングイレブンというサッカーゲーム。プレーヤーの後ろ辺りからの視点でプレイします。3D化されたことによって選手間の奥と手前の位置取りがはっきりと分かるようになりました。そうなったことによってパスやシュートを放つ際の判断がしやすくなった気がします。スルーパスが決まったときの気持よさがたまらない。

そしてこういった特性が生きるのはFPSやアクション系のゲームでより生かされる気がします。今までのゲームでは色々と工夫することで立体感を演出してた部分が普通に立体視される。

ウィイレでも相手陣から飛んでくるボールは奥から手前に飛んで来るのがはっきりとわかる。FPSなんかだと銃弾はきついだろうけどRPGあたりは「うゎぁ」ってなれるかもしれませんw

期待値大!

この技術革新はゲームを作ってる方にはイノベーションの連鎖が巻き起こっているんじゃないかと思われます。表現手段の増加によってどんなびっくりがもたらされるのか期待せずにはいられません。

僕の大好きなぷよぷよでも裏側や手前側にぷよが落ちてくるかも。←僕程度では発想がこれ位。

残念な点も

ただ手放しで喜べない部分もあります。残念ながらゲーム機に対する視点の範囲が広くないので興奮してゲーム機がずれたりすると見えなくなるというよりもボケた感じになったりするのでそこはこれからの進歩に期待しましょう。

3D化に対する僕の感想

テレビなどの3D化ははっきり言ってどうでもいいやと思ってましたがゲームに関してはうまく3Dを活かせるみたいです。

とりあえずファーストレビューはこれくらいにしておきます。本体自体の機能に面白そうなものもありますのでそのへんもいじり次第報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です