カメラロールの簡単な共有 WiFi photo Transefer


もっとも簡単にiPhoneから写真を取り出せるアプリWiFi photo。

面倒な手間はもういらない

iPhoneをUSB接続すればPCやiPadからも写真を取り出すことはできる。しかし接続は多少の手間。もしWiFiが使える環境でWiFi photo Transeferを持っているならUSBケーブルは不要。

使い方

iPhoneでWiFi photo Transeferを起動して表示されるURLにブラウザでアクセスする。これだけ。

WiFi photo00005

ライブラリの一覧が表示される。普段撮影した写真などはカメラロールにある。

WiFi photo00001

カメラロールにアクセスしたら写真を探す。

一枚づつなら個別の写真を開くと画像と共にオリジナルやサイズ別のリンクが表示される。そこから欲しいサイズをダウンロード

WiFi photo00003

複数の画像をまとめてダウンロードするならカメラロールの画面から右上のDownload in Zipのリンクを開く。

WiFi photo00002

一覧のそれぞれの写真にチェックボックスが表示されたら、欲しい写真にチェックを入れる。または上部のボックスに番号を入力する。入力した番号から番号までの画像がZipで圧縮されてダウンロード出来る。

WiFi photo00004

注意事項

ただしアプリが起動中でないと反応しなくなる。もしリンクを押しても反応しない場合はiPhoneがスリープに入ってしまっているようなら立ち上げてWiFi photoを表示しておこう。

利用シーンとか

画像共有サービスへの投稿も2~3枚程度ならアプリからでも問題ないけど大量になると小さな画面でいろいろな編集をしたりするのは面倒なので一度PCに移してしまったほうが分かりやすく、作業もしやすい。

iPadを持っている人はiPhoneの写真を共有して大きな画面でみたいこともある。iPadでもブラウザからWiFi Photoにアクセスすればダウンロード出来る。iPadのほうが画面が大きくて編集作業などもし易いのでiPadを写真編集のハブにするというのもありかもしれない。

無線LANとブラウザさえあれば共有が可能。USBケーブルで接続するとiTunesが勝手に立ち上がって(設定すれば回避できる)うざいという人にはおすすめの方法。

無線LANが使える機器でブラウザを装備していればもしかしたら携帯やゲーム機などでも使えるかもしれない。Androidなどのスマートフォンには間違いなく渡せるはず。

手軽に撮影できるからこそ手軽に共有できる方法は数多くあったほうがいいですよね。

WiFi Photo Transfer - Janos Barkai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です