myPhoneDesktopでiPhoneの便利を底上げする


iPhoneのソフトウェアキーボードはなかなか使いやすい。フリック入力を味わったらもうガラパ入力とか罰ゲームの領域。

ところがそのガラパにも負けてしまいそうな部分がある。それは文字編集。文字列を選択が異常に難しい。選択できたつもりが一段下だったり、余計なところまで選択していたり。

PCと一緒にいるとき限定でその部分を迂回させてくれるツールがmyPhoneDesktopだ。

myphonedesktop00002

できること

myPhoneDesktopはデスクトップクライアントかWebクライアントと合わせて使う。
PCでコピーした文字列や画像をクライアントを通してiPhoneに送る事ができる。

iPhone側ではそのデータを通知してもらうか、アプリが一定間隔で確認しにいくようにすることができる。

画像は電話番号を送ったときに出来ることの画面

myphonedesktop00003

その時アプリで起きること

ソフトでは電話番号、URL、テキスト、画像をそれぞれ別のものとして認識しそれにあった処理を自動化したり、選択できるようになる。

  • 電話番号であればその番号に電話を掛けたり、連絡先に追加することもできる。
  • URLであればページを開いたり、コピーしたり。
  • テキストはそのまま文字列を検索する。コピーする。特定のアプリケーションに文字列を送ることもできる。
  • 画像はカメラロールにセーブする。メールしたりもできる。

送ったモノに見合った様々な機能が付いていて多様に対応できる。

そしてそれぞれの動作を自動で行うように設定することも、開くブラウザを指定することも可能。

どんな時に使える

最初に上げたようにiPhoneのテキスト編集能力はいまいちなのでPCがそばにあるならPCで作業するほうが楽で速い。

例えばブックマークレットの登録などはmyPhoneDesktopでブックマークレットのURL自体を送って、ブックマークの編集で全選択、貼りつけだけで済む。

MMSで長文を投げてくる人がいて、あまり短い返信だと申し訳ない気もして長いメールを打つ。そういう時もPCで作成してmyPhoneDesktopでiPhoneに送れば後はある程度自動化(設定次第)されて送信できるので楽。

メールとかWebを読むことにかけてはiPhoneはPCより優れている。メールはiPhoneで読んで返信はPCで書いてこのアプリ経由で送った方が楽だ。Gmailのためにブラウザを立ち上げてGmailの画面を呼び出すよりも何秒も速い。

僕が気に入っているのはAppigoのTodoに登録する機能。Todoに登録するための書式でテキストをクライアントに貼りつけて、選択肢からTodoに追加を選択すると、iPhone側で受信後に自動でTodoを呼び出して登録が完了する。この機能のおかげでiPhoneでタスクを入力する作業から開放された。

myPhoneDesktop – Phone on your Desktop - jProductivity, LLC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です