バトル&ゲット! ポケモンタイピングDSのBluetoothキーボードをチェック


このタイミングはまちがいなくお子さんのプレゼント扱いにしつつもガジェ好きな父親のスマホ用も視野に入っているだろうと思いゲット&チェックしてみた。ちなみにAmazonで4700円位でした。

BTkeyboard0007

iOSとの接続

iPhoneとiPadさらにPCは問題なく接続できました。

iPad
nintendoBTkeyboard

iPhone
BTkeyboard0006

ただしiOS系はエレコムのBTキーボードで起きるような一部の記号キーが印字と違う入力が発生します。

iPadで使用される場合の注意点(TK-FBP013シリーズ) – ELECOM

iPhoneやiPadで記号を使いまくるような用途がないのでそこまで気にはなりませんがそういった使い方プログラミングやAAを手打ちする人なんかは要注意かも。

いたって普通にペアリングできてしまい拍子抜けしました。ちなみにキーボード側でペアリング待ちの状態にするにはFnキーを押しながら電源オンです。

キーボード本体のレビュー

最近はやりのアイソレーションタイプのキーボード。タッチ感はそれなりに良い、しかし子供向けのためかキーピッチはちょっと狭目。普段、フルキーボードに慣れてる人はちょっとつらいかもしれない。

余計な機能がないから見た目がすっきりしている。しかも日本語印字がないので何気に格好いい。

BTkeyboard0003

サイズは265mm、115mm、18mm(最も厚い部分)重量が264g(単3電池2本込み)です。これくらいのサイズと重量なら持ち運びもいけそうですね。

数字では分かりにくいので、二つの比較対象を準備してみた。エレコムのBTキーボードFBP013とMacBookAir11です。
BTkeyboard0004

BTkeyboard0001

DSを置くスタンド(折りたたみ式)が付属します。
BTkeyboard0005

もちろんiPhoneも置けましたよ、というよりiPhoneがジャストサイズ、iPadも置けなくはないけど重量的にはちょっと不安かも。
BTkeyboard0002

個人的に惜しいのはファンクションキーと角度調整スタンド機能が無いこと。カタカナや英字変換の確定にファンクションキーを多用しているのでないとちょっと不便です。スタンド機能は角度が付いている方が打ちやすという方はご自分で何らかの対策が必要だと思います。

まとめ

親子で共有できるよさげガジェット。スマホでも使えて、子供にはゲームのプレゼント実績も積み上げられてさらに子供のタイピングスキルも上がる。いろいろメリットは多そうなので買いの一手だと思います。

ゲームソフトのレビューは子供のタイピングスキルに変化が出てきたら追ってお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です