やっぱりiPhoneは凄い、いまのところ


Jeff Han's Multi-Touch Screen Interface

こんなことを書くとApple信者だと思われるかもしれません。どちらかと言えばソニーが好き。しかしスマートフォンにおいては完全にAppleに撃ちぬかれている状態です。

最近、奥様のもつXperiaを色々といじっているときに感じてしまうのがUIの部分。性能として問題があるわけでは無いけど人にとって自然に感じられる動きというのは大事。

タップしたときの反応が遅れたりすると、誤操作を生む元になる。誤操作はたとえ自分のせいであってもストレスが溜まる。それが機械の反応の遅れだったりするとなおさら。

スワイプした時にに滑らかに止まってくれるのに慣れてしまうとどうしても違和感を感じてしまう。

Appleはその昔、画期的なUIを世に広めたもののWinにしてやられた。その悔しさをバネにしたかは知りませんが徹底的にUIが練られている気がします。

人が触って動かす部分を徹底して煮詰めたことでごく自然な操作感を演出している。

これに慣れてしまうとAndroidのUIに物足りなさを感じてしまうかもしれない。そしてそう感じさせるiPhoneのUIは凄い。

これに対してAndroidユーザーからは反論があるでしょう。しかしいくらCUIを使えると便利だと知っても小難しい英数字の羅列が一般ユーザーに浸透せずGUIが好まれたのは直感操作という部分が大きいんじゃないかと思っています。

なのでUIに関してはやっぱりiPhoneの勝ち。

さてこれからはAndroidとiPhoneの比較記事もかけちゃう嬉しい状況が構築されました。乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です