CarbonFin Outlinerはやっぱり良い


もしかしたら以前も紹介していると思いますがCarbonfin Outlinerが便利なので何度でもオススメ。

CarbonFin Outlinerならいつでも何処でもあなたのアイデアを形にできる。

Outlinerならアイデアや下書きを階層化した文章を簡単に作れる。アイデアを形にして人に伝える人、ブログを書いたり、企画書を作る人にオススメ。

タスク管理やリスト作成ツールとしても使える。特にそれについての説明はしませんが記事を読んでもらうとそういう使い方のポテンシャルが感じられると思います。

目次的

主なOutlinerの機能は
* 発想と構造化
* 連携
* 管理
* 進捗チェック
* まとめと今後に期待したいポイント(現状ついてない機能)

発想から構造まで

箇条書きはとてもシンプルで優れたやり方。しかしアナログの状態では並び替えや階層の変更をしようとした場合、そのほとんどを書き直す必要がありました。

コンピューター上での箇条書きはその制限が取り除かれて、箇条書きから文章への昇華がとても簡単になりました。

そして今やiPhoneでも簡単にできるようになりました。ひらめいたアイデアをさっと書き出して、広げたり絞り込んだり、並び替えたり、いつどこにいてもiPhoneがそばに入れば可能です。

後述しますがマインドマップ系のツールとの連携がよくなったので下書きとしても活用できます。

改行で追加

アイデアを出したり、頭のなかをさらう時には極力ステップをかけずにテンポよくかきだして行きたい。通常のアウトラインモードなら改行でノードが追加していけるから思考を妨げない。

個別ノードでの編集

個別ノードの画面で内容である本文を追加して行く。個別ノード画面で前後のノードへ移動も簡単にできる。

1000000386

並び替えや階層化モード

移動モードのオンオフ切り替えでノードを自由に移動できるようになる。

1000000388

ノートのプレビューの有無が選べる

一行だけとかも設定できる。画像は有りと無し。

1000000387

1000000385

連携

ハードウェア連携

iOSデバイス同士の連携はサーバーを介して行います。ブラウザからアクセスすることでPCやMacとも連携できます。

  • iOS
    ユニバーサルアプリではないのが残念ですがiPhoneとiPadそれぞれに用意されています。

  • PC&MacはWebアプリ
    Webアプリもかなり使い勝手が上がってきました。

OPMLでの連携

アップデートの記事でもお知らせしたようにOPMLでの連携が可能になっています。メールやクラウドからOPMLの読み込みが可能です。詳しくはこちらの記事。

CarbonFin Outlinerがアップデート

iPhone内部で連携

OPMLを扱えるアプリの間にドロップボックスなどのクラウドを介すか自分へのメールでファイルの受け渡しをすることでデータのやりとりが可能になった。

僕のオススメはOutLinerとiThoughtの組み合わせ。アウトラインとマインドマップのどちらも兼ねるアプリもありますが、専用で作られているアプリの方が使い勝手は上だと思います。

連携に使うメニューは右下のメニューからポップアップ。

1000000390

メール

ポップアップメニューからEmailを選択するとシンプルテキスト、フルテキスト、OPMLのいずれかを選択できます。

選択した形式でメールが展開される。

コピペ

ポップアップメニューからCopy allを選択してからテキストエディターやメモ系のアプリに貼り付けるとタブやスペースと記号で階層化されたテキストが貼りつけられます。

記事の管理がしやすい

タグとアーカイブ機能で作成物の管理しやすい。

1000000389

タグ

タグが使えるので分類をしたり検索の助けにキーワードなどを埋め込むことができる。

アーカイブ

編集が完了した物や他のツールへの移行が終了した物はアーカイブ機能を使うことでリストには表示せず必要なときにだけ表示できる。

タスクと進捗

本文を作ったり、画像やリンクを貼り付けたりと必要な作業も含めておいてチェックすることができる。含まれる項目のチェックの状態が上の項目でパーセント表示されるのでタスクと進捗状況が把握しやすい。

1000000391

まとめ

アイデアから文章を創りだす作業の殆どがiPhoneだけで行える。ある段階から別のツールに移るのも簡単。万能でいて多様性も考慮されたすばらしいアプリ。

使用例

僕の場合は
* hayamemoに改行で区切ってメモを箇条書き
* Outlinerに貼りつけてリストにする
* OutlinerかiThoughtで練ったり、広げたり絞ったりしながら創り上げていきます。
* 一連の手順をテンプレート化したOutlinerのリストにそれを埋めこむ
* 記事としてやることや進捗をチェックします。
* ここからはMacでMarseditを使って仕上げています。

今後に期待すべきポイント

Dropboxへの対応

これは必須というかアプリ系では当然な流れになりつつあるので多分対応してくれるでしょう。

書き出しフォーマット

テキストを出力する際に階層の深さでノードタイトルにHTMLタグやユーザー指定のフォーマットが選択できるともっと便利になると思います。

ユニバーサル化

iPad版が機能にそれほど差があるわけでもないのでユニバーサル化してくれると嬉しいんですよね。僕の場合は買ってしまっているのですがユーザー拡大のためにもぜひ。

AppStoreのリンク

Outliner App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥450

Outliner for iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥450

iThoughts (mindmapping) App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥700

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です