作るHTML 書くmarkdown


見たまま書けるwysiwygエディタは便利ですが表示がずれたりうまくいかないことも多い。HTMLでタグ付するとブラウザは読めても人は読みづらい。そんな時はmarkdownを使ってみると幸せになれる。

markdownとは

2008-01-26 (Editing a paper) - 19
Photo taken by Flickr: Nic’s events’ Photostream

マークダウンとは簡単な記号をつけられたテキストを特定のHTMLタグへと変換するツールのことでこの記号の付け方とルールをマークダウン記法とよぶ

マークダウン記法についてはここの説明がわかりやすい。
Markdown – 閾ペディアことのは

HTMLとの比較で見るメリット

HTML markdown wysiwyg editor
書きやすさ
覚えやすさ
細部の制御
編集

突出した感じはありませんがバランスがよい。書きやすく、覚えやすい。編集性もよく表示の崩れなどがおきない。これが使いやすさにつながっています。

例としてこの記事のmarkdownの状態とHTML出力したものを比べてみる。

HTML

markdown vs html

markdown

markdown vs html

見やすさ読みやすさにおいてmarkdownの方が上ですね。タグの有無で編集作業のしやすさはかなり変わってきます。
(画像の貼り付けにはFlickrの埋め込みタグを使っています)

markdownの使いやすさ

書きやすくて編集しやすい。さらに簡単な記法は機能の少ないiPhoneのエディタなどでも利用できる。つまりどこでも書けて編集できる。

実際、iPhoneやiPadのアプリではプレビューやマークアップの入力に対応したアプリもが複数ある。

実際の運用

たくさんのアプリが出揃い、markdownをリアルタイムにプレビューで確認しながら書けるツールも出てきました。ほとんどのアプリがHTMLの出力に対応している。markdownをそのままでは受け付けないブログでも出力したHTMLを使えば問題はありません。

またアプリの中にはPDFが出力できるものもあるのでちょっとしたドキュメントなどもmarkdownで残すこともできます。

まとめ

HTMLでもwysiwygエディタでも記事は書ける。けれどもmarkdownは書くことにフォーカスしてる。ページを作るのはHTML。記事を書いて編集しやすいのはmarkdown。
markdownで書いて、細部の表現や柔軟性を求めてHTMLを使うのがよさそうです。

関連リンク

おすすめしたいmarkdownツールがたくさんあります。まとまり次第、追加していきます。

関連記事

iPhoneAPP

iPadAPP

MacApp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です