Mac Previewの隠された実力


Macって純正ツールがさり気なくすごくて嬉しい。今回の発見も純正ツールPreviewの技です。

Previewのアノテーション機能

Previewでも注釈が入れられることをPDFに注釈を入れられるツールを探しているときに知りました。でも見栄えがぱっとしない、やっぱり純正アプリじゃね〜とか思ってました。

見栄えは変えられる

実はアノテーションの見栄えが色々と変えられることをこのページで知りました。

プレビューで注釈の見た目をかえる: おたくマニアのココロ

Previewの注釈ツールの見栄えをいじってみる

メニューからツールーインスペクタを表示。インスペクタからペンのマークを選ぶと見た目を変えられる。

枠や矢印は通常と点線が選べる。枠などは線と内部の色をそれぞれ指定可能で透明率も変えられる。

文字の装飾

特に文字の装飾がいい感じで縁取り文字や吹き出しが簡単に作れる。色もかなり自由度がある。

Mac Preview

Skitchの文字入れも縁取りがされてますがこちらは縁の色も選択可能なので場合によってはこちらの方が便利。

範囲選択ツールもあるよ

矩形や円形、手書きツールで範囲選択してのコピー or カット and ペーストもできる。
Mac Preview
画像は範囲選択で切り出して貼りつけて拡大し、さらに矩形で枠をつけて→をつけてみた。

まとめ

スクリーンショットから加工までの流れはをSkitchに加えてPreviewによる方法も取り入れるとより多彩な加工が可能になって表現力が増すのでオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です