便秘は握る力で改善


便秘でお困りの方は必見、読んだらすぐ出るかどうかはわかりませんがボテッたお腹をさすりながら読んでみてください。

あと便秘がテーマなので読む時と場所を選んでください。準備ができたらLet’s Read.

ある時期、食事の量を減らしてダイエットに励んでいた時期のことです。普段は打たれ弱くてよく下るヘタレ腹が期間中は下らないどころか便秘気味で2〜3日でないことも多かった。

この間に気づいたこと

  • 貯まると硬くなって余計に出しにくくなる

2〜3日も溜めてしまうと踏ん張るくらいではシャイなもぐらのようになかなかその顔をだしません。腹に力をいれてようやくその身をあらわしたかと思えばポロッと切れて落下。一から再スタート。そんな調子なので快便感なくトイレを離脱することが多かった。

溜めてしまうことによって硬くなり押し出しづらくなるのと、硬くなったせいでポロポロと切れやすい状態になっているようだった。

  • 絞る力が必要

ダイエット目標があり食べる量を増やすわけにはいかず、腹の重さと張りを解消するために、腹筋に頼ってました。
Squeeze the middle
By accent on eclectic

トイレから「くぉぉおおおお!」とか聞こえて家族はとても気味が悪かったかと思います。

  • 食べる量で押し出す
    食べる量が少ないから上から圧迫する力にならないため便意に繋がらない。

こう考えてみるとあまり食事の量が多くない、腹筋の弱い女性に便秘が多いというのはうなずける気がします。

ということで便秘の改善には腹筋を鍛えて、適切な量を食べて、ほどよいタイミングで絞り出すのがよさそうというお話でした。

便秘ストな方で試されて成果があった方はお知らせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です