Google Cloud Printを試してその可能性とかに震えてみる。


111217-0007

タイトルはちょっと釣り臭いですねスミマセン。こんなニュース
グーグル、リモート印刷機能「Cloud Print」更新でChromeとの連携を強化
があったので試してみた。

試した環境はMacBookAir+Snowleopard+Chormeです。

設定編

設定はここを参考に

従来のプリンタを Google クラウド プリントに接続する – Google クラウド プリント ヘルプ

まずはChromeの設定アイコン(レンチマーク)→環境設定高度な設定→一番下のGoogle Cloud Printにログインを押す。

エラー?が出たのでChromeを最新にしたらOK。

さっそく印刷を試してみると、印刷ジョブは作れるのだけど印刷が始まらない。プリンタ自体に問題はない、よくわからないけどMacを再起動したら印刷が始まり、その後も普通に印刷ができるようになった。

印刷編

とりあえず ChromeとiPhoneから印刷を試してみた。

Chromeで印刷

Chromeの場合は⌘+Pで印刷タブを開いたら送信先から

111217-0003

↑Google Cloud Printで印刷を選択。

111217-0004

この画面でプリンタを選んで印刷を押すと印刷ジョブが作成される。Googleドキュメントに保存を選択すればDocにPDFで保存される。

iPhoneから印刷

iPhone で GoogleDocumentのファイルを選んで編集の横のボタンで印刷を選択すると印刷ジョブが作られる。すぐにCloudPrintの設定画面でジョブが追加されたのが確認できる。

90DF7A24-5B20-4F27-9BAD-9AB2D21E6435

印刷ジョブの確認

印刷ジョブの確認はこのURLなのでブックマークしておくと良いかも
https://www.google.com/cloudprint/manage.html#jobs

活用編

実際に使ってみてCloudPrintはネット越しに印刷指示をつくると、アカウントで指定されたプリンターにジョブを送ってくれる。送られたジョブはプリンターが使えるようになると印刷が実行されるというわけです。

さてここからが肝になる部分です。

共有

111217-0006

このプリンターを共有することができます。設定自体はちょっと手間がありますがここをみてください。

Google クラウド プリント ヘルプ

つまり仕事の相手がプリンタをクラウドにつないでくれて共有することが出来れば相手のプリンターへダイレクトにデータを送ったり出来る。ああこれであのくだらないFaxとかいうシロモノとおさらばできる。

どこからでも、どこでも

最近のノマドワークスタイルなどでオフィスを持たない人でも印刷が必要なシーンで公衆無線LANのようにクラウドにつながれたプリンターが利用できればどこからでもジョブを送って印刷しておくことができます。

ネットプリントなど便利なサービスが生まれつつありますがそれらもクラウド越しに使えるようになってくれるとさらに便利になりますよね。

以前、そういった街中にあるコピー機や印刷機が無線LAN越しにデータを送れたら便利だ、と思い各社に対応予定をメールで問い合わせたことがあるのですが各社ともに予定はないと言われて「目の前に機械があって手元にはデータがあるのに印刷できないとか昭和かよ!」と落ち込んだ記憶があります。

しかし今はデータはクラウドにあってそれに対する指示を送れば目の前にあるプリンターにデータが送られてくるのです。

WebPage→GoogleDocument

付加機能かもしれませんがwebページを見たまま保存するときにGoogleDocumentにダイレクトに送れるのも良い機能ですね。

まとめ

まだまだ課題は色々有りそうですがクラウド関連は進化が速そうなので期待したいところです。

CloudPrintで使えるアプリなどはこちらから

Google – Cloud Print

iOSは一度GoogleDocumentへおくるかGmailを通すのが近道っぽいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です