MacでのWindowのコントロールはBTTでおk


icn_BetterTouchTool_128

WindowsからMacへ乗り換えたときに困るのがウィンドウのリサイズが面倒なこと。いちいち右下のハンドルをつかまないとサイズを変えられなくて非常に不便。

この辺を改善できるアプリは色々と出ていますがトラックパッドでのマルチタッチ動作をカスタマイズできるBetterTouchToolsでも可能なのでこちらを愛用中。


動作を動画でチェックできます。

ウィンドウをコントロールするBTTの機能

BTTでウィンドウをコントロールする方法は二つあります。

ウィンドウを掴んで画面端へのドラッグでリサイズ

タイトルバーの部分を掴んで画面上端、右端、左端、各コーナーへのドラッグで指定されたサイズへリサイズできる。指定された領域に入ると影が表示できる(設定で色の選択も可能)からわかりやすい。

設定画面

Action Settings (window stuff etc.)

青枠部分が動作の設定、端へいった際にリサイズするかどうか、ドラッグ時の反応する領域、またリサイズされたウィンドウが端から離れたときに元のサイズに戻すかどうかなど。

赤枠部分が実際にリサイズの設定で画面に対してのパーセンテージで指定する。上端へのドラッグはフルサイズ化する。

緑枠部分はドラック時にプレビューされる領域の色の指定。

残りの部分はリサイズされた際に隙間を作る設定。

タップとキーの組み合わせでつかむモードやリサイズモードにできる

BetterTouchToolsの本領でもあるタッチパッドの設定とキーボードの組み合わせで窓をつかんだりリサイズモードになれるので、タイトルバーをダブルタップしたり、右下の小さな三角を掴む必要がなくなる。

設定画面

Gestures

①で使いたいタッチ動作と必要ならキーの設定

②をタップしてから

111203-0002

青枠の中のStart/Stop Moving WindowStart/Stop Resizing Windowを選択する。

僕の場合、移動は⌘+ThreeFingerTap リサイズはControl+ThreeFingerTapを使ってますよ。

まとめとあとがき

他のツールは使ったことがないので絶対に便利とは言えないのですがタッチ動作とも組み合わせられるこのツールが気にいってます。

ダウンロードやさらなる情報は本家サイトからどうぞ

Great Tools For Your Mac By Andreas Hegenberg » BetterTouchTool, BetterSnapTool & SecondBar

Posted in Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です