Macのクリップボード履歴はシンプルに使えるClipMenuがオススメ


ClipMenu

Macに移行して困ったことのひとつにクリップボードの履歴機能があります。MacといえどもOSのデフォルトのクリップボードでは直前の一つしか使うことができません。

そこで必要になるのがクリップボード履歴を記録して再利用できるツール。色々試してみて今はシンプルな使い心地のClipMenuを愛用中。

ClipMenuで出来ること

使い方はショートカットでカーソル横に表示される履歴メニューから貼りつけたい履歴を選択する。

↓画像はメニューバーから呼び出したもの

111117-0001

選択した時の動作としてすぐにその場へ貼り付け、もしくはクリップボードの一番目に持ってきて貼りつけられる状態にするかを選択できる。

保存できるのファイルや形式は

  • プレーンテキストやRTF
  • PDF
  • ファイル名
  • URL
  • TIFF画像
  • PICT画像

定形文はスニペットで

スニペットという登録された定型文や定型句をポップアップメニューから貼り付けられる。

よく打ち込む挨拶文や住所、署名などを登録して使うと便利ですね。僕はよく使うテンプレを登録して使ってます。

多彩な処理も可能なアクション

ClipMenu

選択した項目をあらかじめ決められた処理を施してから貼り付けるアクションも設定可能。
特定の記号で囲んだりするなどの処理が一発でできるのが便利だ。

JavaScriptアクションの書き方 – ClipMenu.com

設定画面のスクリーンショット

ClipMenu

↑主に動作に関する設定

ClipMenu

↑履歴メニューの表示に関する設定

関連リンク

ClipMenuサイト

ClipMenu: Mac OS X 用クリップボード管理ソフト – ClipMenu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です