口コミの経済学 田中義厚


今や常識となりつつある口コミ、Twitterなどが流行るよりも前の2003年発刊なので若干内容は古いものの口コミについて知るには良い。

入門編として?常識として?

口コミの力、何故口コミは起きるのか?口コミの中身、口コミを使うには、口コミの危険性。口コミに関するあれこれがまとめられている。

本書でもネットの力として触れられていますが、これからの時代はSNSなどで個人の情報発信が盛んになり口コミの力がもっともっと大きくなっていくでしょう。「そこを抑えたTwitterとかFacebookはすげー」とか感心していると、タダで使われている状態になってしまい、なんだかあべこべな感じにもなる。そこで積極的に口コミの力を利用したり、自分を守るためにも口コミの怖さを知っておくことは大事。

コミュニケーションについても

口コミというのは人と人の間での言葉による情報伝達や交換なので、コミュニケーションの考え方にも取り込むことができる。

感じたこと

新書なのでさらっと入門的に読めちゃいます。

自分もブログを書いていてアクセス数は気になります、今までは口コミの力をなんとなくでしか捉えてなかった。本書を読んでどのようにするべきか考えるキッカケができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です