FUJIFILM F770 VS SONY HX30V 超望遠コンデジをちょっとだけ比較


Untitled

つい衝動買いしたF770EXR。でも本当はHX30Vが欲しかった。

ネットで見て物欲に火がついてしまい、次の日すぐに近所のヤマダへ。

ところがHX30Vはひと月待ち。抜いた刀を収めるには鞘としては調度良すぎたF770EXR。

ということでお持ち帰りしてきたわけです。じつはネットで見た時点でも比較候補として上がっていました。

そこでなぜ超望遠のコンデジなのか?どこを比較したのか、店頭で見た感じなどを残しておきます。

20倍ズーム+超解像ズームすごすぎる

まず一番欲しいズーム機能。20倍の光学ズームに超解像ズームをプラスするとモードによりますが40倍から69倍までいけます。

昔のデジタルズームはまぁ何が写っているかはわかるけど位のレベルでしたが、この超解像ズームはくっきりはっきりです。

しかも手ぶれによる失敗を減らす機能をたくさん持っています。通常の手ぶれ補正に加えて、連射をして画像を合成する機能などを使ってカメラが勝手に良い感じに仕上げてくれます。

大きさと重さ

一眼レフを持っていけばレンズを交換することで近距離から超望遠まで好みの画角を作り出せます。しかし大きく、重い。しかも装備を揃えるにはお金がかかる。

しかしこのカメラなら2〜3万でなんとかズボンのポケットに入るサイズと重さ。

一台持っておいても困ることは無いはずです。

店頭比較

大きさと重さはほぼ同じだと思います。質感や格好良さは好みもありますがHX30Vのほうが断然いいです。F770は良くも悪くもコンデジっぽい。

ズームを使ったときに感じたのですがF770はズームしていく際に画像がボケるのだけどHX30Vはある程度ピントを合わせながらズームしていきます。ただしこれはその時そう感じたという部分かもしれません。

実際に使ってみてもF770はズーム中はボケます。もちろん半押しでピントがすぐに合いますので不便かといわれると微妙。ただ被写体が望遠で小さなものや動くものだとズーム中も認識できる方が便利かもしれません。

これは店員が言っていたことですが動画の方式の違いからHX30Vのほうが動画はいいそうです。

価格.comで室内がダメかも的なコメントがあって気になってましたが、よく室内でモノ撮りをするので店員に聞いたところ、フラッシュを使う際に距離を測ってものとの距離が近い場合は微発光の状態にするので白飛びがしないのでフラッシュを使ってもそんなに気にならないはずと聞きました。ただまだ試してません。

決め手:価格とEye-fi

ズーム中のピントは気になりましたが、

  • 機能は同じ程度
  • ひと月も待てない
  • Wifi機能はEyefiでOK
  • 価格も7000円程度の差がある。

といった訳でF770EXRをお持ち帰り。しばらく愛でてみようと思います。

有りそうなデメリット

夜景もいけるとは謳っていますがやはりズームレンズなのでそれほど明るいレンズではないので微妙そうです。

あとがき

あくまでも自分の感覚での比較です。どちらがオススメかは用途による部分が多いです。

関連ページへのリンク

価格.com

価格.com – SONY サイバーショット DSC-HX30V (B) [ブラック] レビュー・評価

価格.com – 富士フイルム FinePix F770EXR [ブラック] レビュー・評価

Amazonへのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です