A6ノートにはまって、プチ改造


今はA6ノートにはまってます。

これはハマる人には分かると思うけどデジタルかアナログか?やれ能率だモレスキンだ、ほぼ日だと様々な手法があり。さらにオリジナルへのチャレンジとかハマるひとは投資の絶えない分野だと思います。

おいらの場合はまずメモはよく取るのだけど、ログやノートに纏めるのが下手くそでノート術的なものに投資してきました。

最近ようやくログを残せるようになってきて、さっと出せて書き込めることがもっとも重要だとおもいA6のノートを使い始めました。

A6ノートプチ改造

ノートは使い倒してなんぼだと思います。しかし現場仕事なのであっという間に汚れてボロボロになります。それだと他の場所で出しづらくなるので対策をしてみた。

Loftでノートカバーとかを見てみたけどどれも一回り大きくなったりして便利が増える分、取り回しが悪くなりそうなので却下して、結局

↓文庫用のビニールカバーをゲット。

Untitled

このカバーで市販されてるサイズのA6ノートがすっぽり収まる。多分表と裏に二冊挿すと厚み的にちょうどいいかも。

↓さらに便利そうなグッズも手に入れてきた。

Untitled

シールで貼れるマグネットタイプの止め具とメモなどを差し込めるクリアホルダ

でも便利を追い求めると逆に使い勝手が落ちたりするのでほどほどがいいのは肝に銘じておきます。

紹介した商品


クリアホルダは同じ柄のものはなかったけど他にも沢山の柄があるみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です