Amazonでマーケットプレイスで本などを売るために知っておいたほうがいいこと


よく本を買います。しかし狭い我が家の本棚ではおさまりきらないので、ある程度たまるとブックオフへ持って行ってました。しかし二束三文で買い取られると、もっと値段が付く本もあるのになぁと悔しいこともあります。

Wall of Books
コンナ本棚が羨ましい

以前はヤフオクに出品することもあったのですが手間が。。。

そこで今回はマーケットプレイスでモノを売ることを考えてみました。対象とするのは本とCDやDVD、ゲームソフト(以下CDなど)などです。

マーケットプレイスのお金の基本

マーケットプレイスのお金のしくみは単純で購入者の支払い分を出品者とAmazonで分配します。

購入者の支払額

出品価格 ???円
配送料 本:250円 CDなど:340円

Amazonの取り分

基本成約料100円
カテゴリー成約料 本:60円 CDなど:140円
販売手数料 本、CDなど共に出品価格の15%

出品者の取り分

配送料 本:250円 CDなど:340円 からAmazonの取り分を引いた金額
出品価格の85%

本を100円で出品した場合

購入者が支払う金額 100円+250円

350円からAmazonが基本成約料100円、カテゴリー成約料60円、販売手数料15円を取るので残りが175円となる。

この175円が出品者が受け取れる金額である。
そしてここから商品を送る手間賃と配送料が必要となる。

わかりづらいので整理した

この部分がちょっとわかりづらかったのでこう考えてみました。配送料から二つの成約料を引いた90円は確定している。これに出品価格の85%を足せば受け取れる金額がわかります。

200円の出品なら200×85%で170円、これに90円を足した260円が受け取れる金額になります。

出品価格×85%+90円=受取金額

配送を考えておかないと赤字に

配送料はメール便が80円と160円
メール便の範囲に収まらないとゆうメールになるようですがその場合250gの範囲を超えてくると思います。そうなると500gで290円、1kgなら340円になります。

つまり重さや大きさで最低金額をしっておかないと赤字になってしまう危険もあります。

CDやDVD、ゲームなどの場合のは

決まりの金額は340円の配送料から基本成約料の100円とカテゴリー成約料の140円を引いた100円、これに出品価格の85%を足せばおkなので

出品価格×85%+100円=受取金額

となります。

まとめ

本なら90円+出品価格の85%
CDなどなら100円+出品価格の85%

ここから配送金額を考慮するべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です