Macのベゼルの磁石を便利に使ってみた


MacのTips板で知ったのですがMacのベゼルには磁石が入っているのですね。どうやら蓋を閉じておくのに磁石を利用しているみたいです。

AppleはMacの電源コードやiPadの風呂の蓋にも使ってて磁石がお気に入り。

ユーザーとしても便利なしくみはどんどん使って欲しいです。便利なものはどんどん活かすべきということで用途は違いますが、この磁石にクリップを付けたメモなどを挟めて便利。

IMG_1846.JPG

そして更に便利にするためにこんなものをつくってみました。amazon発送のダンボール箱の中敷きになってたダンボールにホームセンターで買ってきた鉄の板(ステー)をテープ止め。

IMG_1846.JPG

なんぞこれ。

IMG_1846.JPG

こんなかんじでくっつけて

IMG_1846.JPG

メモとかをクリップで挟むとこんな風になる。

手書きのメモや書類などを参照しながらの入力をするときに視線の移動は横よりも縦のほうが楽です。

今まではこんな感じでブックストッパーに滑り止めをつけてそこにクリップボードを立てかけて使ってました。

IMG_1846.JPG
IMG_1846.JPG

これでもいいのですが、机の上を結構占領します。

IMG_1846.JPG

今回の発見で机の上がもっと広く使えるようになります。今回は手近にあるものでちゃちゃっと作りましたが材料を工夫すれば見た目もヨサゲなやつが作れそうです。

磁石はベゼル上部の4箇所ほどにはいってる。磁石とかよりもただの鉄などのほうがくっつく力が強いみたいです。ただあまり重いものや硬いものは最悪落下した場合のことを考えるとやめておいたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です