PhotoQRをリリースしました


PhotoQRは選択した画像に指定したテキストをQRコードにして埋め込むことができます。

Storeへのリンク

PhotoQR App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

## PhotoQRの主な機能

* カメラロールの画像を指定することができます。
* QRコードにするテキストはコピーしたもの(ペーストボード)を使うか、入力が可能です。
* QRコードのサイズと位置を調整できます。
* カメラロールへの保存、Emailで送ったり、Twitterに画像つきでつぶやくことができます。

## アプリを作ったきっかけ

画像と情報を一緒に保存できないかなと考えたのがきっかけです。以前から画像にちょっとしたテキストを付けたい場合は文字を直接書き込んだりしてましたが、長文や構造化したテキストとなると別々のファイルで管理することになります。

その部分の解決に写真に関連情報が含まれるURLなどを埋め込めば管理が楽になるとおもいましたが、URLを直接打ち込んだりするのはとても手間がかかるのでQRコード化しておけば、端末内の画像でも印刷されたものでもすぐに関連情報に辿り着けるのではと思い開発をはじめました。

## アプリの使い方

まずは画像を選択します。下部左端のボタンでメニューが表示されるので使いたい画像を指定します。

photoqr_release

下部ボタン左から2番めでテキストの入力ができます。ボタンを押した時点でペーストボードにテキストがあればそれを自動で取得します。表示された入力ボックスに手動で入力することもできます。

photoqr_release

右から二番目のボタンではQRコードのサイズを選択することができます。選択できるサイズは元々の画像の大きさによって決まり、最小は80ピクセル、最大で500ピクセルまでになります。変更すると画像上に表示されている灰色の四角形のサイズが変わります、これが実際の画像に対しての大きさになります。

photoqr_release

また、画像上をドラッグすることで灰色の四角を移動することができ、位置の調整が可能です。位置調整後でもサイズを変更すると位置はリセットされます。

最後に右端のボタンで画像の出力先をカメラロール、メール、Twitterから選択します。

photoqr_release

アイデア次第でたくさんの使い道が生まれそう・・・だといいなぁ。

##使っていただくにあたって

注意!作成した画像を印刷する場合は画像のサイズに合わせて行なってください。そうしないとQRコードが読めなくなる可能性があります。

このアプリは画像からQRコードを読み込めるツールと合わせて使うのがオススメ。

iPhone でのおすすめアプリは

Qrafter – QRコードの読み取りと作成アプリ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Macでのオススメはこちら

QR Journal App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です