大人でもしっかり楽しめる!モンスターズ・ユニバーシティを観てきました。注意!弱ネタバレあり


ディズニー映画は大人でも楽しませてくれるので、子供のお付き合いでしたがバッチリ楽しんできました。

予告編が終わると嬉しいサプライズがあった。ブルーアンブレラというショートストーリーが始まる。なんだろうと思っているうちに、ストーリーとキャラクターに完全に惹き込まれてハラハラさせられました。ショートストーリーに物語の基本をギュッと凝縮し、親近感を感じさせるキャラクターで引きこむ旨さはさすがディズニー。

ショートストーリーに魅了されつつ始まった本編でも優秀なストーリを個性的なキャラクターが彩る。マイクやサリーはもちろん、前作の人たちもちらほら顔を出している。CDAに根こそぎ毛をかられちゃったサンダーソン?やCDAの親分もちょびっと出てました。新しいキャラクター達では学園長も中々ですが、僕のイチオシは図書館の司書さんですね。おおおおってなれますよ。

蛇足ですがRΩRはロアーオメガロアーと読むっぽいです。ステレオタイプな嫌なヤツらだけど、悪役すら愛せるのがディズニーのいいところ。ロゴとゴロがかっこよくて気に入ってしまいました。ステッカー欲しい。RΩRの意味はΩが最後の文字を表し、ROARは咆哮とか轟音の意味ですので咆哮の最終進化みたいな感じで解釈していいのかな?

いくつものメッセージと笑いがが埋め込まれてて、もう一度観たくなりました。DVDが出たら家でじっくりと字幕版と吹き替え版を見ようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です