JPopを救う必要ない


救う必要ない、早く御潰れになっていただきたく。

音楽業界が傾いているのはもうずっと言われていること。巨大戦艦は今や巨大な泥船と化した。あとは沈むのを待つばかり。

コンテンツとして価値がなくなることをオワコンという。売上が下がっているのならJPopはオワコンなんだろう。しかし音楽はなくならない。街にはストリートミュージシャンが溢れ、音楽を、唄を、生み出している。動画投稿サイトにもたくさんの音楽と唄がアップロードされている。

そしてそれを楽しみにしている人がいる。

今は作り手と聞き手がダイレクトに繋がれる様になった。必要なのはそこでの価値の交換がもっとスムーズに利用しやすくなることだけだ。

ネット上の誰かがお気に入りのアーティストを教えてくれて、その場で音を聴いてみることができるようになった。もうマスメディアお仕着せの音楽番組も袋の開けづらいCDも要らなくなった。

このように仕組み自体が変化しているのに、今までのスタイルで押し通そうとしてもうまくいかないのは歴史が証明している。つまりJPopっていうのは業界が生み出した儲けるための仕組のことを指していて、仕組の前提が崩れているのにそれにしがみつく業界は、なんだか儚さすら感じさせる。

もうミュージシャンは巨大な業界を支える重荷から開放されるべきじゃないか?いいものが拡散される仕組みはもう出来上がっている。どんなに離れていてもコミュニケートすることもできる。あとはいいアーティストが食っていける仕組みさえできあがればいい。

業界の泥船が沈んでもJpopに需要があれば自然と浮かんでくるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です