iOS Dev CenterはSafari推奨??


まとめ

iOS Dev CenterでCertificateやProvisioningを登録しようとしたら最終段階で反応がなくなる。ブラウザをChromeからSafariに変えたらOKだった。

いつもアプリを申請するときに悩まされるCertificateやらProvisioningProfile周り、さすがに5度目ともなれば慣れてやり方もわかっているのですんなり進んでいた。ところがやっぱり引っかかった。

問題点

どこかっていうとProvisioningProfileが作成できない。作り方はあっているし問題ないはずなのだけどdev centerで項目などを設定して最後のボタンを押した後インジケーターが回ったままになる。10分ほど放置しても変わらず。サーバ側の問題かと思い、半日放置して再挑戦するもやはりできない。今回はDistribution用のCertificateも期限切れが迫っていたので更新したかったのだけどそれも同じような感じで動かない。

対応策

さんざんサポートコミュニティを探しまくった。どれもこれも同じような状態にはなっておらずorz。ここでふと思い出す。以前にdeveloper programで期限切れから発生した諸問題のことでサポートとやり取りをしているときにDevCenterやiTunesConnectにはSafariからアクセスしたほうがいいと言われたことがあった。その時の問題はそれでは解決しなかったのだけど、ダメ元でやってみた。

解決

普通に解決。何事もなかったようにCertificateもProvisioningも作成出来た。なんかモヤっとするけどまあ解決したのでよしとする。もし同じような現象に見舞われたひとはダメ元でSafariを使ってみるとハッピーエンドかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です