Xcodeのスニペットライブラリを活用して効率化せよ


毎回毎回書いてるよな、これ。みたいなのってパターンを使うコーディングだと結構アリますよね。

objective-cはメソッド名やらクラス名がとても長くて、補完を使っても面倒なのでcode snippet libraryを使いましょう。

コードの塊をそのまま置いておける場所でさらに便利なのはプレースホルダーを使って書き換えが必要な部分をTABキーで飛んでいけるのでとても。

xcode code snippet how to add and edit and placeholder

まず登録の仕方はコードを選択してcode snippet libraryへドラッグアンドドロップするだけ。コードを選択してドラッグするときに瞬間待ってあげないと選択しなおしになったりするので慣れが必要です。

登録できたsnippetを選択してeditボタンを押すと名前や呼び出し用のコードなどが設定できます。

xcode code snippet how to add and edit and placeholder

Titleはcode snippet libraryに表示される名前、summaryは要約、Platformやlanguageはそのままです。Completion Shortcut が呼び出し用のコードになります。Completion Scopesはスコープの位置によって呼び出し用コードを有効するかを決められます。

さらに登録したコードの中でプレースホルダーを使うにはある記法で記述します。

<#myClassName#>

の様に書くことでプレースホルダーとして表示されます。

使うときは呼び出し用コードをタイプしていくと通常の補完候補の中に出てくるので選択するだけ。

自分で登録した呼び出しコードの接頭詞として記号を使うと呼び出しが効かないのでアルファベットの連打、例えばmmDelegateViewPatternのようにしておくと自分で登録したコードだけから選べるので便利です。

ココを参考に書きました。リンク先は英語です。

Xcode 4 Code Snippets – Speed of Light by Jason Brennan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です