【WordPress】is_categoryとin_categoryでアーカイブページと個別記事ページでサイドバーの切り替え


カテゴリーごとにサイドバーを切り替えたい場合、カテゴリーのアーカイブページと個別記事のページで同じようにカテゴリごとのサイドバーを切り替えるとすると

ここまでの内容は過去記事へ

WordPressでダイナミックサイドバー使ってサイドバーの切り替え | 緑ナ日々

以前の記事でもどのカテゴリのアーカイブページかを判断して切り分けるところはやりました。個別ページではそのカテゴリーかどうかを調べるより、そのカテゴリーに属しているかを調べるin_categoryという条件分岐タグを使うことが出来ました。

アーカイブページでは is_category() で分岐できる。個別ページでは in_category で分岐できる。

実際のコードではこんな感じで分岐した

<?php if(in_category('develop')): ?>
    <?php get_sidebar('develop'); ?>
<?php elseif(in_category('pazdra')): ?>
    <?php get_sidebar('pazdra'); ?>
<?php else: ?>
    <?php get_sidebar(); ?>
<?php endif; ?>

括弧の中はスラグかidで

例:is_category('develop')in_category('10')など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です