記事を書くだけが更新ではない


Blogで更新というと新たな記事を書くことだと思っていました。

以前から検索をして古くなった情報でも上位に表示されていたりすることに違和感を感じていました。そこでふと思いました。自分の記事を修正や加筆することも更新になるし、読みに来てくれるひとには絶対によいことだと。

しかし加筆や修正は良いことだが、場合によっては可読性が落ちる可能性もある。かといって削除部分を落としてしまうと、以前までの情報に誤りや古くなった箇所があったことをユーザーに知らせるチャンスを失います。ちいさな修正ならそこまで心配する必要は無いでしょう。しかし大きな変更の場合は考慮する必要があります。

こういった記事の内容を更新するにはどうすればいいのだろうか。

一つは新たな記事で置き換えて、その旨を記載し、元の記事は別のurlに移してリンクさせる。もう一つは元の記事へ新たな記事へのリンクを置く方法。

ユーザーの手間としては検索エンジンから開いたページに求めるべき情報がある方が便利です。ブックマークしていたユーザーも古い記事を読む必要があれば、そのリンク先を読むことが可能です。

まとめ

  • 小さな変更なら加筆修正
  • 古い記事はそのままで新たな記事を投稿し、その記事へリンクする
  • 新たな記事で書き換えて、古い記事を別urlへ移してそこへリンクする

これらは更新する情報の度合いによって使いわけると良さそうです。

アプリ開発をやっていて、アプリにはアップデートが必要なのに記事は?と思ったのがきっかけでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です